Blog Entry

Change of buttons’ color of UISegmentedControl

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/06/03

I want you to choose exclusively “Month” and “All”, or “Timeline” and “Tag” in the following example. However, we cannot divide UISegmentedControl into two or more groups. I would like to express it by coloring each button. In the state of the first stage, “Month” and “Timeline” are chosen, respectively. If “All” is touched, the [...]

【iOS】おさいふをアップデートしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneアプリ「おさいふ」をアップデートしました。ぜひお試しください! 「おさいふ」は、単純なインターフェースで「続けられる家計簿入力」をコンセプトに作成しました。おさいふの入力をネットワーク経由でお友達やご夫婦で共有できること、最低2タップで入力が完了することが大きな特徴です。 (1.2.0でのアップデート) ・入力画面の使い勝手をよくしました。「タグ(摘要)」から、金額のフィールドをタップして、連続で入力できるようにしました。今までは一回一回「完了」ボタンを押さないといけなかったもので。 ・おさいふ選択画面で、残高表示されるようにしました。 ・リスト画面で、現在どの表示方法を選択しているか、わかりやすい配色にしました。 (1.1.0でのアップデート) ・プリセットボタンに別名を付けられることで、例えばボタンには食事の絵文字、タグ(摘要)には「ランチ」と別々に設定できるようにしました。  

How to get people to rate your IOS app

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/04/07

How to display UIAlert like “Rate this application” when application starts. You should write about UIAlert to didFinishLaunchingWithOptions. – (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions { CGRect frameForWindow = [[UIScreen mainScreen] bounds]; window = [[UIWindow alloc] initWithFrame:frameForWindow]; //write about window //ウインドウについて記載 [window addSubview:navigationController.view]; //From here about UIAlert and rating popup. //manage displaying UIAlert by NSUserDefaults //ここからUIAlertについて記載。表示するかどうかはNSUserDefaultsで制御する。 NSUserDefaults [...]

Arduino uno + ethernet shield + iPhone + iOSC(OSC Application)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/11

Arduino uno + ethernet shield + iPhone + iOSC(OSC Application) A LCD didn’t work when I was coding like below. LiquidCrystal lcd(12, 11, 10, 5, 4, 3, 2); Take care about a LCD connection port. I referred to UDPSendReceiveString, Arduino examples (Ethernet). /* UDPSendReceive.pde: */ #include // needed for Arduino versions later than 0018 #include [...]

NEON Support for Four Android Devices

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/12

(2011-04-14 Modified) We add multiple new Android devices to our Android development environment. Our lineup become as follows; NTT DoCoMo HT-03A (HTC Magic), EMOBILE PocketWiFi S (Huawei IDEOS U8150), NTT DoCoMo SO-01C (Sony Ericsson Xperia arc), and Motorola Xoom WiFi. To see difference between them, we checked these devices support a SIMD instruction for ARM architecture, [...]

Install OpenCV into your rental server from sources

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/25

Install cmake %cd ~/local/src %wget http://www.cmake.org/files/v2.8/cmake-2.8.2.tar.gz %tar xvf cmake-2.8.2.tar.gz %cd cmake-2.8.2 %./bootstrap –prefix=$HOME/local %make %make install Install OpenCV %mkdir OpenCV-2.1.1 %cd OpenCV-2.1.1 %svn export https://code.ros.org/svn/opencv/trunk %cd .. %mkdir opencv.bulid %ccmake ../OpenCV-2.1.1/trunk/opencv Compile settings(ccmake -> c(continue)-> t(toggle advanced mode) ) BUILD_EXAMPLES OFF BUILD_LATEX_DOCS OFF BUILD_NEW_PYTHON_SUPPORT ON BUILD_PACKAGE OFF BUILD_SHARED_LIBS ON BUILD_TESTS ON BZIP2_LIBRARIES /usr/lib/libbz2.so CMAKE_AR /usr/bin/ar CMAKE_BACKWARDS_COMPATIBILITY 2.4 [...]

ChartExpert 1.0 Released

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/22

samurai-apps released ChartExpert 1.0 today. ChartExpert draws chart collaborated with KaraLog or your apps by using ChartExpert API. See the support page for details.

Karalog 1.1 Released

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/14

The latest update of the Karalog ver.1.1.20100804 is now available. The Karalog 1.1 newly supports visualization of weight and fat data by collaborating with “ChartExpert”, which is a support app to plot graph/chart. Other improvements are; prohibiting landscape layout, adjusting the sizes of previous/forward buttons, and adding ads space. ChartExpert will be available soon. Release [...]

(日本語) iPhone Programming : OpenCV + AVFoundation – First step of AR

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/02

Android + OpenGL ES 1.0 で必ず設定する項目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/06

Android開発で、ちょっとキャッチーでレスポンスもよいUIを作ろうと思うと、OpenGL ESの利用は最重要検討事項となります。 OpenGLは、ステートマシン型のアーキテクチャーになっていますが、多くのステートには「デフォルト値」がないようで、設定必須の項目がいくつかあります。 私も新しいプログラムを書くたびにうまく描画されなくてしばし悩みます。 ということで、最低限必要と思われる項目をメモっておきます。 (GL10対応です) ビューポートの設定 glViewport() : スクリーンのうち、描画に使われる範囲を、ピクセルで指定する 射影行列の設定 GLU.gluPerspective(), GLU.gluOrtho2D()など 必要に応じて glMatrixMode(GL10.GL_PROJECTION), glLoadIdentity()  を先に呼び出す 頂点配列/インデックス配列利用の設定 glEnableClientState(GL10.GL_VERTEX_ARRAY) : OpenGL ESでは頂点配列が必須なので、この設定は必須 描画 glClearColor() : カラーバッファ消去時に塗りつぶしに使う色をセットする glClear() : カラーバッファ or/and デプスバッファを消去する glVertexArray() : 頂点配列をセットする glDrawArrays() : セット済みの頂点配列で、線分/三角形を描画する glDrawElements() : セット済みの頂点配列と、インデックス配列を使って、線分/三角形を描画する

© 2017 samurai-apps. All rights reserved. Powered by WordPress Entries RSS Comments RSS