ChartExpert サンプル

このエントリーをはてなブックマークに追加

以下のグラフのサンプルを示します。いずれも、ChartExpertのデモンストレーション画面から試してみることができます。

  • 折れ線グラフ
  • 縦棒グラフ
  • 円グラフ
  • 散布図
  • マルチページ


折れ線グラフ

基本

(x,y)の値を結んで折れ線グラフを描きます。
xの値は等間隔である必要はありませんが、小さい順に整列されていなければなりません。

折れ線グラフ(基本)

折れ線グラフ(基本)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=20,22,25,30,28
sample.x=0,1,2,5,6
chart.type=line
chart.dataset=sample
chart.title=Sample Chart

サンプルプログラム

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW, Uri.parse("chart:///show"));
StringBuffer buf = new StringBuffer();
buf.append("_client=ChartExpert Demo\n");
buf.append("_version=1\n");
buf.append("sample.y=20,22,25,30,28\n");
buf.append("sample.x=0,1,2,5,6\n");
buf.append("chart.type=line\n");
buf.append("chart.dataset=sample\n");
buf.append("chart.title=Sample Chart\n");
intent.putExtra("content", buf.toString());
startActivity(intent);

バリエーション : 複合グラフ

複数のデータセットを1つの画面に表示することもできます。
y軸は、<CKEY>.datasetの最初に指定されているデータセットのものが使われます。

折れ線グラフ(複合)

折れ線グラフ(複合)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample1.y=4,2,3,5,5,1
sample1.x=0,1,2,3,5,6
sample1.yaxis=0,10,1
sample2.y=1,5,7,5,3,6
sample2.x=0,1,2,3,4,5
chart.type=line
chart.dataset=sample1,sample2

バリエーション : 戦略キャンバス

y軸ラベルに文字列を使用すると、戦略キャンバスやアンケート集計の描画応用することもできます。

折れ線グラフ(文字列軸)

折れ線グラフ(文字列軸)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=3,5,4,4,5,1,3,5
sample.x=0,1,2,3,4,5,6,7
sample.xlabel=speed,function,design,usability,price,response,variation,reputation
sample.ylabel=very bad,bad,normal,good,very good
sample.xaxis=0,7,1
sample.yaxis=1,5,1
chart.type=line
chart.dataset=sample

縦棒グラフ

基本

(x,y)を縦棒グラフとして描きます。
xの値は横軸上の位置に使われます。等間隔である必要はありませんが、等間隔が望ましいでしょう。小さい順に整列されていなければなりません。省略するのが最善です。

縦棒グラフ

縦棒グラフ

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=3,6,7,8,0,0,10,3
chart.type=vbar
chart.dataset=sample

サンプルプログラム

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW, Uri.parse("chart:///show"));
StringBuffer buf = new StringBuffer();
buf.append("_client=ChartExpert Demo\n");
buf.append("_version=1\n");
buf.append("sample.y=3,6,7,8,0,0,10,3\n");
buf.append("chart.type=vbar\n");
buf.append("chart.dataset=sample\n");
intent.putExtra("content", buf.toString());
startActivity(intent);

バリエーション : 複合グラフ

縦棒グラフ(複合)

縦棒グラフ(複合)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample1.y=3,6,7,8,0,0,10,3
sample2.y=1,2,3,4,5,6,7,8
sample3.y=3,10,0,0,8,7,6,3
chart.type=vbar
chart.dataset=sample1,sample2,sample3

円グラフ

基本

yデータの値すべての合計を100%として円グラフを描きます。
xの値は使われません。

各扇形に添えられるラベルには、xlabelおよびlabelで指定した文字列が使われます。ylabelは使われません。

円グラフ

円グラフ

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=500,800,200
sample.label=500,800,200
sample.xlabel=A,B,C
chart.type=pie
chart.dataset=sample
chart.title=Sample Pie Chart

サンプルプログラム

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW, Uri.parse("chart:///show"));
StringBuffer buf = new StringBuffer();
buf.append("_client=ChartExpert Demo\n");
buf.append("_version=1\n");
buf.append("sample.y=500,800,200\n");
buf.append("sample.label=500,800,200\n");
buf.append("sample.xlabel=A,B,C\n");
buf.append("chart.type=pie\n");
buf.append("chart.dataset=sample\n");
buf.append("chart.title=Sample Pie Chart\n");
intent.putExtra("content", buf.toString());
startActivity(intent);

バリエーション : 項目が多い例

ChartExpertでは8色の基本色をグラフに使います。項目が多い場合は色にわずかな変化をつけて8色を繰り返し使います。

円グラフ(項目が多い例)

円グラフ(項目が多い例)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=500,800,200
sample.label=500,800,200
sample.xlabel=A,B,C
chart.type=pie
chart.dataset=sample
chart.title=Sample Pie Chart

散布図

基本

(x,y)を点として描画し、散布図を描きます。
整列されている必要はありません。

xaxis,yaxisを定義することをおすすめします。

散布図(基本)

散布図(基本)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample.y=-0.13,-1.05,-0.34,-0.12,-0.62,-0.28,-0.02,-0.16,-0.04,0.00,0.32,0.09,0.03,0.56,0.68,0.73,0.38,1.20,0.61
sample.x=-1.04,-0.71,-0.07,-0.44,-0.80,-0.20,-0.20,-0.06,-0.03,0.00,0.24,0.16,0.25,0.67,0.38,0.07,0.66,0.46,0.16
sample.xaxis=-1,1
chart.type=scatter
chart.dataset=sample

サンプルプログラム

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW, Uri.parse("chart:///show"));
StringBuffer buf = new StringBuffer();
buf.append("_version=1\n");
buf.append("_client=ChartExpert Demo\n");
buf.append("sample.y=-0.13,-1.05,-0.34,-0.12,-0.62,-0.28,-0.02,-0.16,-0.04,0.00,0.32,0.09,0.03,0.56,0.68,0.73,0.38,1.20,0.61\n");
buf.append("sample.x=-1.04,-0.71,-0.07,-0.44,-0.80,-0.20,-0.20,-0.06,-0.03,0.00,0.24,0.16,0.25,0.67,0.38,0.07,0.66,0.46,0.16\n");
buf.append("sample.xaxis=-1,1\n");
buf.append("chart.type=scatter\n");
buf.append("chart.dataset=sample\n");
intent.putExtra("content", buf.toString());
startActivity(intent);

バリエーション : 複合

複数のデータセットを1つの画面に表示することもできます。

散布図(複合)

散布図(複合)

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
sample1.y=-0.13,-1.05,-0.34,-0.12,-0.62,-0.28,-0.02,-0.16,-0.04,0.00,0.32,0.09,0.03,0.56,0.68,0.73,0.38,1.20,0.61
sample1.x=-1.04,-0.71,-0.07,-0.44,-0.80,-0.20,-0.20,-0.06,-0.03,0.00,0.24,0.16,0.25,0.67,0.38,0.07,0.66,0.46,0.16
sample1.xaxis=-1,1
sample1.yaxis=-1,1
sample2.y=-1.05,-0.40,-1.17,-0.31,-0.02,-0.25,-0.02,-0.07,-0.02,0.00,0.01,0.09,0.06,0.05,0.19,0.92,1.01,0.42,1.25
sample2.x=-0.21,-0.47,-0.39,-0.11,-0.21,-0.51,-0.06,-0.10,-0.01,0.00,0.11,0.45,0.32,0.09,0.45,0.41,1.74,1.04,0.18
chart.type=scatter
chart.dataset=sample1,sample2

マルチページ

チャートを2つ作り、ページ切り替えすることもできます。

<CKEY>を2種類作り、それぞれにデータセットを割り当てます。それぞれの<CKEY>に異なるグラフタイプを指定することもできます。

マルチページ

マルチページ

コマンド

_client=ChartExpert Demo
_version=1
line.y=20,22,25,30,28
line.x=0,1,2,5,6
scatter.y=-1.05,-0.40,-1.17,-0.31,-0.02,-0.25,-0.02,-0.07,-0.02,0.00,0.01,0.09,0.06,0.05,0.19,0.92,1.01,0.42,1.25
scatter.x=-0.21,-0.47,-0.39,-0.11,-0.21,-0.51,-0.06,-0.10,-0.01,0.00,0.11,0.45,0.32,0.09,0.45,0.41,1.74,1.04,0.18
scatter.yaxis=-1,1
scatter.xaxis=-1,1
chart1.type=line
chart1.dataset=line
chart2.type=scatter
chart2.dataset=scatter

サンプルプログラム

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW, Uri.parse("chart:///show"));
StringBuffer buf = new StringBuffer();
buf.append("_version=1\n");
buf.append("_client=ChartExpert Demo\n");
buf.append("line.y=20,22,25,30,28\n");
buf.append("line.x=0,1,2,5,6\n");
buf.append("scatter.y=-1.05,-0.40,-1.17,-0.31,-0.02,-0.25,-0.02,-0.07,-0.02,0.00,0.01,0.09,0.06,0.05,0.19,0.92,1.01,0.42,1.25\n");
buf.append("scatter.x=-0.21,-0.47,-0.39,-0.11,-0.21,-0.51,-0.06,-0.10,-0.01,0.00,0.11,0.45,0.32,0.09,0.45,0.41,1.74,1.04,0.18\n");
buf.append("scatter.yaxis=-1,1\n");
buf.append("scatter.xaxis=-1,1\n");
buf.append("chart1.type=line\n");
buf.append("chart1.dataset=line\n");
buf.append("chart2.type=scatter\n");
buf.append("chart2.dataset=scatter\n");
intent.putExtra("content", buf.toString());
startActivity(intent);
© 2017 samurai-apps. All rights reserved. Powered by WordPress Entries RSS Comments RSS